EU、2030年までにすべての包装材をリサイクル可能にする規則を発表

EU、2030年までにすべての包装材をリサイクル可能にする規則を発表

11月30日、欧州委員会は、EU市場で流通しているすべての包装材を、2030年までに完全にリサイクル可能にするための規則案を発表した。

対策を講じなければ、欧州ですでに1人当たり年間180kg近くに達している包装廃棄物は、2030年までにさらに19%増加し、そのうちプラスチック包装廃棄物は46%増加するという。EUで使用されるプラスチックの40%、紙の50%は包装材が占めている。

本規則では、再利用とリサイクルにより、2040年までに加盟国一人当たり包装廃棄物を15%削減する目標を掲げている。企業は、自社製品の一定割合を再利用可能または詰め替え可能な包装で消費者に提供することが求められ、包装形態の標準化と再利用可能な包装の明確な表示も導入される。

また、レストランやカフェの店内で飲食する際の使い捨て包装、果物や野菜の使い捨て包装、ホテルでのシャンプーボトルなどのミニチュア包装など、一部の包装形態を禁止する。これにより、不必要な包装の排除を目指す。

追加措置としては、包装の設計基準の設定、ペットボトルとアルミ缶の強制的な寄託返却制度の創設、生産者が新しいプラスチック包装に含めることを義務付けられる再生材の含有率の導入などがある。

欧州委員会によると、本規則案により、2030年までに温室効果ガス排出量を2,300万トン削減し、水の使用量を110万立方メートル減らし、環境破壊コストを64億ユーロ(約9,100億円)削減できるという。

【参照ページ】
(原文)European Green Deal: Putting an end to wasteful packaging, boosting reuse and recycling
(日本語訳)EU、2030年までにすべての包装材をリサイクル可能にする規則を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る