サステナビリティデータSaaS企業EcoVadis、約675億円の資金調達を実施

6月14日、企業のサステナビリティ評価を提供するEcoVadis(エコバディス)は、サステナビリティデータSaaS企業としては過去最大規模の5億ドル(約675億円)の資金調達を行ったと発表した。この取引により、エコバディスは10億ドル(約1,350億円)をはるかに超える評価となり、最新のESGデータ「ユニコーン」企業となった。

エコバディスは95,000社以上の企業のサステナビリティ評価を提供しており、企業は自社だけでなく取引先やサプライヤーも含めたバリューチェーンのサステナビリティパフォーマンスを監視・改善できるようになる。例えば、ドイツ銀行は先月、すべての主要ベンダーにサステナビリティ評価を実施することを新たに義務付け、エコバディスとパートナーシップを結んだ。

企業がサステナビリティへの取り組みの焦点をバリューチェーンに向けるようになったことで、サステナビリティ・データに対する需要は大きく高まっている。エコバディスは、過去1年間に収益が50%増加し、全世界の従業員数は1,300人に達したと報告している。

今回のエクイティファイナンスは、ジェネラル・アトランティックの気候ソリューションに特化した投資ファンドBeyond Net Zeroと、未公開株投資家のアストルグが主導し、シンガポールのGICやプリンスヴィル・キャピタルのClimate Technology Fundなどの投資家が参加した。2020年にエコバディスに2億ドルを投資したCVCキャピタル・パートナーズは、現在も同社の筆頭機関投資家として名を連ねている。

今回の資金調達で得た資金は、EcoVadisのグローバルなスケールアップや人工知能・機械学習能力の発展、戦略的な買収を行うために使用される予定だ。

【参照ページ】
(原文)EcoVadis Secures $500M Investment to Usher in New Era of Sustainability-Led Business Decisions | Business Wire
(日本語訳)EcoVadisが5億ドルの投資を獲得、サステナビリティ主導のビジネス意思決定の新時代を切り開く

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る