サステナビリティデータSaaS企業EcoVadis、約675億円の資金調達を実施

6月14日、企業のサステナビリティ評価を提供するEcoVadis(エコバディス)は、サステナビリティデータSaaS企業としては過去最大規模の5億ドル(約675億円)の資金調達を行ったと発表した。この取引により、エコバディスは10億ドル(約1,350億円)をはるかに超える評価となり、最新のESGデータ「ユニコーン」企業となった。

エコバディスは95,000社以上の企業のサステナビリティ評価を提供しており、企業は自社だけでなく取引先やサプライヤーも含めたバリューチェーンのサステナビリティパフォーマンスを監視・改善できるようになる。例えば、ドイツ銀行は先月、すべての主要ベンダーにサステナビリティ評価を実施することを新たに義務付け、エコバディスとパートナーシップを結んだ。

企業がサステナビリティへの取り組みの焦点をバリューチェーンに向けるようになったことで、サステナビリティ・データに対する需要は大きく高まっている。エコバディスは、過去1年間に収益が50%増加し、全世界の従業員数は1,300人に達したと報告している。

今回のエクイティファイナンスは、ジェネラル・アトランティックの気候ソリューションに特化した投資ファンドBeyond Net Zeroと、未公開株投資家のアストルグが主導し、シンガポールのGICやプリンスヴィル・キャピタルのClimate Technology Fundなどの投資家が参加した。2020年にエコバディスに2億ドルを投資したCVCキャピタル・パートナーズは、現在も同社の筆頭機関投資家として名を連ねている。

今回の資金調達で得た資金は、EcoVadisのグローバルなスケールアップや人工知能・機械学習能力の発展、戦略的な買収を行うために使用される予定だ。

【参照ページ】
(原文)EcoVadis Secures $500M Investment to Usher in New Era of Sustainability-Led Business Decisions | Business Wire
(日本語訳)EcoVadisが5億ドルの投資を獲得、サステナビリティ主導のビジネス意思決定の新時代を切り開く

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る