Franklin Templeton、パリ協定に基づく気候変動ファンドに中国ETFを追加

6月14日、グローバル投資会社Franklin Templeton(フランクリン・テンプルトン)は、新しいMSCI中国パリ協定気候UCITS ETFの発売を発表した。これは、欧州の投資家に中国の大・中資本株式への株式エクスポージャーを提供するとともに、移行・物理的気候リスクへのエクスポージャーを低減させるものだ。

今回の新しいETFは、EU気候ベンチマークPABとMSCI中国気候パリ協定インデックスに連動し、中国の大型・中型株証券を組み入れる。EUの規則でパリ協定ベンチマーク(PAB)と表示される指数は、パリ協定の長期気候目標に合致した結果となる資産選択の基準を満たす必要がある。基準には、温室効果ガス(GHG)排出強度を市場指数と比較して最低50%削減し、年間GHG排出強度を最低7%削減することなどが含まれる。

本ETFは、同社のフランクリン・リバティシェアーズシリーズの中で発売され、EU SFDR第9条に準拠したパリ協定気候戦略としては3本目となる。

フランクリンMSCIチャイナ・パリ協定気候UCITS ETFは、ドイツ取引所Xetra、イタリア取引所、ロンドン取引所に上場する。また、オーストリア、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、スペイン、英国、北欧の各証券取引所に登録される予定だ。

【参照ページ】
(原文)Franklin Templeton launches MSCI China Paris-Aligned ETF
(日本語訳)Franklin Templeton、パリ協定に基づく気候変動ファンドに中国ETFを追加

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る