Submittable、ソーシャルインパクトプログラムの加速に向け、約63億円のシリーズC資金を調達

6月13日、ソーシャル・インパクト・マネジメント・プラットフォームのSubmittable(サブミッタブル)は、テクノロジーに特化した投資会社アクセルKKRが主導するシリーズC資金で4700万ドル(約63億円)を調達したと発表。本資金調達で得た資金は、同社の製品を拡大し、企業の社会的責任やその他のソーシャルグッドプログラムの進化に対応するために使用される予定だ。

2010年に設立されたサブミッタブルは、企業、政府、慈善団体がソーシャルグッドプログラムを管理し、その効果を最大化するために利用されている。サブミッタブルは、社会的公正やサステナビリティのための助成金、コミュニティ支援のための企業寄付、奨学金、フェローシップ、賞、そしてポジティブな変化を促すクリエイティブなプロジェクトなどの管理が可能であり、顧客は、上記のプログラムを利用することで、社会的公正やサステナビリティを高めることができる。

サブミッタブルによると、公共、民間、非営利団体が需要の危機に対応するために資金調達や取り組みを強化したため、ソーシャルインパクトセクターは近年、かつてないほどの成長を遂げたという。例えば2020年には、68%の企業がコミュニティ投資への支出を加速させ、93%が多様性、公平性、包括性(DEI)に対してより多くのリソースを割り当てた。

今回の資金調達により、需要に合わせてチームとプラットフォームを拡大しながら、これらのプログラム、特に企業の社会的責任の急速な進化に対応するための製品および機能の拡張を継続することが可能になる。

【参照ページ】
(原文)Submittable Secures $47 Million in Series C Funding to Accelerate Social Impact Programs
(日本語訳)Submittable、ソーシャルインパクトプログラムの加速に向け、4700万ドルのシリーズC資金を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る