Salesforce、クリーンエネルギーへのアクセスを促進するため、新興国での再エネ購入をコミットメント

Salesforce、クリーンエネルギーへのアクセスを促進するため、新興国での再エネ購入をコミットメント

2月14日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、今後8年間で新興市場において28万メガワット時(MWh)の再生可能エネルギーを購入する新たなコミットメントを発表した。化石燃料への依存度が高い地域においてクリーンなエネルギーアクセスを実現し、同社のサステナビリティ目標を支援することが目的である。

新しい取り組みの一環として、Salesforceは、影響力のある再生可能エネルギーのアグリゲーターであるPowertrustと契約を締結し、小規模な再生可能エネルギープロジェクトの展開を支援する新しい資金源の動員を目的とした第三者認証の取引可能な市場商品、分散型再生可能エネルギー証書(D-REC)を購入すると発表している。

Salesforceは、D-RECの購入は非伝統的な市場におけるプロジェクトに焦点を当て、ブラジル、インド、サハラ以南のアフリカ、東南アジアを含む地域のコミュニティに社会的・環境的利益を提供すると述べている。同社は、本施策により、新規の太陽光発電設備への投資額が6,500万ドル(87億円)に達すると見込んでおり、年間5万トン以上のCO2排出回避に貢献すると予想している。

Salesforceは、新興市場における新規プロジェクトの拡大に加え、使用する電力の100%を再生可能エネルギーで賄うという約束を維持するためにも、本取り組みが役立つと述べている。Salesforceは2013年に本目標を初めて公約し、2021年に再生可能エネルギー100%を達成したと発表している。

【参照ページ】
(原文)Salesforce to purchase renewable energy certificates from small-scale projects in developing nations
(日本語参考訳)Salesforce、クリーンエネルギーへのアクセスを促進するため、新興国での再生可能エネルギー購入をコミットメント

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る