Aviva、炭素除去プロジェクト支援で約1.6億円を寄付

2月15日、英国の保険・資産企業であるAvivaは、森林保護団体Woodland Trustに1,000万ポンド(約16億円)を寄付した。自然を基盤とした炭素除去プロジェクトの実施を支援し、Avivaのサステナビリティ目標に寄与する。

今回の寄付により、AvivaはWoodland Trustと提携し、森林の創出や泥炭地の再生を通じて、炭素除去や生物多様性の改善を目指す「ウッドランド・カーボン・スキーム」を実施する。

本寄付金は、Woodland Trustの「ヒーロー」サイトでのプロジェクトを支援する。プロジェクトには、スナイゾホルムでの森づくりによる炭素隔離、ランカシャー州スミチルズの泥炭地の復元、ノーフォーク州グリーンファームの野生動物のための新しい森づくりプロジェクトが含まれる。

Avivaは、本寄付により100年間で推定33万トンの炭素を貯蔵でき、2040年までにネット・ゼロにするという同社の目標に近づく。同時に、本寄付は自然ベースのソリューションを用いて大気中から炭素を取り除くために1億ポンド(約160億円)を充てるという公約の一部を構成する。

【参照ページ】
(原文)Aviva becomes a Carbon Partner of the Woodland Trust with a £10m donation
(日本語参考訳)Aviva、炭素除去プロジェクト支援のために約1.6億円を寄付

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  2. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
  3. 2024-7-16

    ESMA、ESRSの新たなパブリックステートメントを発表

    7月5日 、欧州証券市場監督局(ESMA)は、欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)の初回適用に…
ページ上部へ戻る