KKR、2兆円のインフラファンドを組成。前身ファンドの2倍超

 

3月14日、KKRは170億ドル(約2兆96億円)のKKR Global Infrastructure Investors IV fundの最終クロージングを発表した。本ファンドは、当初報告された目標額120億ドル(約1兆4,191億円)を大幅に上回り、前身ファンドの72億ドル(約8,514億円)の2倍以上の規模になった。

KKRによると、年金・政府系ファンド・保険会社・寄付金や財団・プライベートウェルス・プラットフォーム・ファミリーオフィス・富裕層の個人投資家など、新規および既存の幅広い投資家から支持を得ている。KKRは、会社のバランスシート、関連会社、社員のコミットメントを通じて、本ファンドに10億ドル(約1,182億円)を投資する。

KKRは、道路・鉄道・港湾・空港・電力・水・通信など、経済を支えるために必要な投資は、2017年から2035年の間に年平均3兆7000億ドル(約437兆円)であり、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を達成するにはさらに年最大1兆ドル(約118兆円)が必要になるというMcKinsey Global Instituteの調査結果を引用している。

【参照ページ】
(原文)KKR CLOSES $17 BILLION GLOBAL INFRASTRUCTURE FUND
(日本語訳)KKR、2兆円のインフラファンドを組成。前身ファンドの2倍超70億ドルを調達、前身ファンドの2倍超に

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る