世界銀行、カーボンプライシング制度の現状を報告

5月21日、世界銀行は世界のカーボンプライシング制度の現状と動向を分析した報告書の2024年版を発表した。報告書のポイントは以下のとおり。

・2023年のカーボンプライシング制度による収益は1,040億米ドルで過去最高
・世界で75のカーボンプライシング制度が運用
・排出量取引制度(ETS)によるカーボンプライシング制度は、世界の温室効果ガス排出量の約24%をカバー
・ブラジル、インド、チリ、コロンビア、トルコなどの中所得国で導入
・航空、海運、廃棄物などの他のセクターでも導入検討が進んでいる

目標の達成に向けた課題として、単価の低さが指摘された。現在、1.5度目標に整合した単価となっているカーボンプライシング制度は、世界の温室効果ガス排出量の1%以下しかカバーしていない。各国の気候変動に関する公約と政策のギャップを埋めるためには、政治的なコミットメントが不可欠であると報告書は強調している。

世界銀行の報告書は、カーボンプライシング制度の重要性とその収益の有効活用について詳細に示している。カーボンプライシング制度の拡大と適正な単価設定が、地球温暖化対策の鍵となることが改めて明確にされた。特に、中所得国や新興セクターでの導入が進む中、1.5度目標達成のためのさらなる取り組みと政治的な意志が求められている。

【参照ページ】
(原文)Global Carbon Pricing Revenues Top a Record $100 Billion
(日本語参考訳)世界のカーボンプライシングの売上高が過去最高の1000億ドルを突破

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る