国連グローバル・コンパクト、新たな中小企業支援プログラムを開始

5月22日、国連グローバル・コンパクト(UNGC)は「持続可能なサプライヤーおよび中小企業プログラム」を正式に開始した。このプログラムは、中小企業(SME)を対象に、グローバルな交流、ビジネス行動、そして各国での実施に向けた支援を提供することを目的としている。

このプログラムの中心となるのは、中小企業コミュニティ「SPARK」への参加である。「SPARK」を通じて中小企業は、ナレッジを習得し、大企業のサプライヤーとしての競争力を向上させることが期待されている。

UNGCは、中小企業が世界の企業数の90%を占め、世界の総雇用の50%を担っていること、また新興国ではGDPの約40%を占め、企業のESGフットプリントの3分の2を占めているにもかかわらず、以下のような多くの課題に直面していることに着目した。

  1. 資金や情報へのアクセスの不足
  2. サプライチェーンの寸断に対する脆弱性
  3. 複雑な規制環境における報告要件の難しさ

これらの課題に対応するため、UNGCは中小企業が持続可能なビジネスプラクティスを採用し、グローバルなサプライチェーンの中でより競争力を持つことができるよう支援することを目指している。

今回のプログラムは、世界中の中小企業が直面する課題を解決し、持続可能な成長を促進するための重要なステップである。中小企業が「SPARK」に参加することで、持続可能なサプライチェーンの一部となり、グローバルなビジネス環境での競争力を高めることが期待される。国連グローバル・コンパクトのこの取り組みは、持続可能な未来に向けた重要な一歩となるだろう。

【参照ページ】
(原文)UN Global Compact Launches Sustainable Supplier and SME Programme
(日本語参考訳)国連グローバル・コンパクトが持続可能なサプライヤーおよび中小企業プログラムを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る