Moody`s ESG、企業のネット・ゼロへの取り組みを評価するソリューションを提供開始

Moody`s ESG、企業のネット・ゼロへの取り組みを評価するソリューションを提供開始

ムーディーズESGは、投資家や企業が、企業の気候目標とグローバル・ネット・ゼロ目標との整合性を評価できるようにすることを目的とした新しいソリューション、「Temperature Alignment Data」を発表した。

この新しいデータは、世界の大企業4,400社を対象としており、今後、対象範囲を拡大していく予定だ。

ムーディーズESGは、新しいソリューションの発表と同時に、データセットから得られた主要な知見をまとめたレポートを発行した。レポートによると、調査対象となった4,400社のうち、42%の企業が何らかの排出目標を設定しているが、ネット・ゼロを参照しているのは17%に過ぎない。また、現在の企業目標は、1.5℃の気温上昇に合わせるには不十分であり、このベンチマークに合わせた目標を設定している企業はわずか3%に過ぎず、評価対象企業全体の平均的な気温上昇は2.9℃であることがわかった。

一方、石油・ガス業界では、フットプリントの大部分を占めるスコープ3の排出量を考慮した目標を設定している企業はわずか6%で、大幅に遅れている。

ムーディーズのESGソリューショングループの気候変動対策担当副社長、アンドリュー・グラントは次のように述べている。

「気候変動の影響に対する懸念の高まりにより、投資家、企業、政府に対して、エネルギー転換に貢献し、排出量目標の達成に向けて測定可能な行動を示すよう求める圧力が高まっている。ムーディーズESGソリューションズの温度整合性データは、企業のネット・ゼロのコミットメントが、温暖化を1.5℃以下に抑えるために必要なものと一致しているかどうかについて、より高い透明性を提供します。」

【参照ページ】Corporate emissions targets failing to keep pace with 1.5°C trajectory

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る