ファーストリテイリング、サステナビリティ2030年度目標を設定、スコープ3・人権などサプライチェーン対応強化

ファーストリテイリング、サステナビリティ2030年度目標を設定、スコープ3・人権などサプライチェーン対応強化

12月2日、ファーストリテイリングは、サステナビリティ主要領域に2030年度目標を設定し、アクションプランを策定した。

ファーストリテイリングは、「環境方針」として、地球環境負荷の低減に貢献すると同時に、

革新的な技術を積極的に活用し、持続可能なビジネスを構築することを掲げている。なかでも、気候変動対応を最重要課題の一つとして、パリ協定の目標を支持し、2050年にカーボンニュートラル実現を目指す取り組みを進めている。今年9月には、2030年度までの温室効果ガス排出量の削減目標を公表した。この目標は、パリ協定の達成に向けた科学的な根拠に基づくものであるとして、国際機関SBTイニシアティブによる、Science-Based Targets認定を取得している。

同社は、温室効果ガス排出量削減に向けた自社領域目標として、2030年度までに温室効果ガス排出量を2019年度比で90%削減すること、サプライチェーン・スコープ3対応目標として、2030年度までに温室効果ガス排出量を2019年度比で20%削減すること、そして、商品領域目標として2030年度までに全使用素材の約50%をリサイクル素材などに切り替えることを挙げている。廃棄物削減に関しては、消費者に商品を届ける過程で使用する資材の削減・切り替え・再利用・リサイクルを通して、早期に「廃棄物ゼロ」を実現するために取り組む。

また、ファーストリテイリングは、サプライチェーンで働く人々や自社従業員を含め、自社の事業に携わるすべての人々の健康と安全と人権が適切に守られた環境づくりを推進していくとしている。サプライチェーンにおける透明性を高め、原材料レベルまでトレーサビリティを確立し、サプライチェーン全体における人権、労働環境、環境の問題を特定し、確実に是正するとしている。

【参照ページ】
LifeWearは「新しい産業」へ 2030年度目標とアクションプランを策定 - 社会の持続可能性と事業の成長を両立する新たなビジネスモデルへの転換を加速

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る