WRI、持続可能な海洋計画の策定と実施を支援する新国際連合「Ocean Action 2030」を設立

WRI、持続可能な海洋計画の策定と実施を支援する新国際連合「Ocean Action 2030」を設立

12月7日、World Resources Instituteは、持続可能な海洋計画を策定・実施するための技術的・財政的支援を各国に提供することを目的とした新たな国際連合「Ocean Action 2030」の発足を発表した。この計画は、「持続可能な海洋経済のためのハイレベルパネル」(オーシャンパネル)の中心的な提言であり、人、自然、経済に利益をもたらす、統合的、持続的、包括的な海洋管理の基盤となる。

「Ocean Action 2030」には、持続可能な海洋経済への移行に関連する問題に取り組む、世界中の主要な技術・金融機関が参加している。メンバー機関はアジア開発銀行、Blue Prosperity Coalition、環境防衛基金、欧州復興開発銀行、国連食糧農業機関、地球環境ファシリティ、米州開発銀行、ユネスコ政府間海洋学委員会(IOC)、Ocean Conservancy、生物多様性条約事務局、The Nature Conservancy、国連開発計画、国連環境計画、世界銀行、世界資源研究所、世界自然保護基金の16機関である。

本連合は、技術的、財政的に様々な支援を行っている。例として、世界銀行はクライアント国に対して、健全な海洋における海洋部門の持続的かつ統合的な開発に焦点を当てたブルーエコノミーのアプローチを実施するために支援している。また、IOC-UNESCOは現在、経済と環境の計画とゾーニングを統合した海洋空間計画を各国が策定するためのターンキープログラムを提供している。Blue Prosperity Coalitionは、フィジー共和国とのパートナーシップにより、2030年までに30%を保護するという世界的なリーダーとしての公約を実行しながら、自国の海洋資源を100%持続的に管理するという国のビジョンを支援するプログラムを開始した。

またオーシャン・パネルは同日、持続可能な海洋計画策定ガイド「100% Sustainable Ocean Management: An Introduction to Sustainable Ocean Plans」も発行した。持続可能な海洋計画の「誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どのように」を掘り下げ、計画策定での9つの要点を定義した。

【参照ページ】
(原文)RELEASE: New Global Coalition, Ocean Action 2030, Forms to Support the Development and Implementation of Sustainable Ocean Plans
(日本語訳)持続可能な海洋計画の策定と実施を支援する新国際連合「Ocean Action 2030」を設立

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る