EU理事会、建築物エネルギー性能指令改正案を可決

4月12日、EU加盟国閣僚級のEU理事会が、建築物エネルギー性能指令改正案を可決した。この改正案はすでに欧州議会を通過しており、成立が確定した。EU加盟国は24ヶ月以内にこの指令の内容を国内法化することが求められている。

この改正の目的は、2030年までにすべての新築物件をゼロエミッション化し、2050年までにはすべての既存物件をゼロエミッション化することである。

住宅と非住宅における目標達成のために、異なるルールが設けられた。住宅においては、2030年までに平均一次エネルギー使用量を16%削減し、2035年までに20%から22%削減する国内目標が設定される。一方、非住宅建築物には「最低エネルギー性能基準」が導入され、改築義務が課される。

さらに、建築物のゼロエミッション化を達成するため、化石燃料による温室効果ガス排出が禁止される。また、太陽光発電パネルの設置が原則義務付けられ、他にもEV充電スタンドや自転車用の駐車スペースの設置が必要とされる。

既存物件の改修を促進するため、「建築物改修パスポート」制度が導入され、テナントや居住者の保護も強化される。

EU加盟国には「国家建築物改修計画」の策定が義務化され、その内容は欧州委員会に提出される。計画案の初回提出期限は2025年12月となっている。

【参照ページ】
(原文)Towards zero-emission buildings by 2050: Council adopts rules to improve energy performance

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る