UMC、GHGインベントリー構想でサプライチェーンの低炭素化を推進

11月9日、United Microelectronics Corporation(UMC)は、サプライチェーン温室効果ガス(GHG)インベントリーイニシアティブの開始を発表した。UMCは、排出量を測定・管理するためのツールやリソースを提供することで、500社のサプライヤーのGHGインベントリー作成を支援し、2030年までにサプライチェーンの排出量を20%削減するという目標を掲げている。

本取り組みは、開催されたUMCの年次サプライヤーサミットで発表され、GlobalWafers Co, Ltd., Photronics DNP Mask Corp. (PDMC), Merck, Applied Materials, Inc, and KLA Corporationなど200以上のパートナーが集まった。サプライヤーはGHGインベントリープラットフォームを利用し、内蔵されたデータベースと世界標準に沿った方法論に基づいて排出量を自動的に計算することができるようになる。また、UMCが雇用する外部コンサルタントチームは、サプライヤーが削減目標を設定し、その目標に向けて体系的に取り組むことを支援する。UMCは、本プログラムに約310万米ドル(約4.2億円)を投資する予定である。

2017年から2020年にかけて、UMCはトリプルRリーグプログラムを通じて、サプライヤーグループを率いて合計409,000トンものCO2換算量を削減した。今回発表したイニシアティブは、より大きなサステナビリティインパクトのためのパートナーシップという同じ精神に基づいており、規模も野心もより大きなものになる。

【参照ページ】
(原文)UMC drives low-carbon supply chain with GHG inventory initiative
(日本語訳)UMC、GHGインベントリー構想でサプライチェーンの低炭素化を推進

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る