UMC、GHGインベントリー構想でサプライチェーンの低炭素化を推進

11月9日、United Microelectronics Corporation(UMC)は、サプライチェーン温室効果ガス(GHG)インベントリーイニシアティブの開始を発表した。UMCは、排出量を測定・管理するためのツールやリソースを提供することで、500社のサプライヤーのGHGインベントリー作成を支援し、2030年までにサプライチェーンの排出量を20%削減するという目標を掲げている。

本取り組みは、開催されたUMCの年次サプライヤーサミットで発表され、GlobalWafers Co, Ltd., Photronics DNP Mask Corp. (PDMC), Merck, Applied Materials, Inc, and KLA Corporationなど200以上のパートナーが集まった。サプライヤーはGHGインベントリープラットフォームを利用し、内蔵されたデータベースと世界標準に沿った方法論に基づいて排出量を自動的に計算することができるようになる。また、UMCが雇用する外部コンサルタントチームは、サプライヤーが削減目標を設定し、その目標に向けて体系的に取り組むことを支援する。UMCは、本プログラムに約310万米ドル(約4.2億円)を投資する予定である。

2017年から2020年にかけて、UMCはトリプルRリーグプログラムを通じて、サプライヤーグループを率いて合計409,000トンものCO2換算量を削減した。今回発表したイニシアティブは、より大きなサステナビリティインパクトのためのパートナーシップという同じ精神に基づいており、規模も野心もより大きなものになる。

【参照ページ】
(原文)UMC drives low-carbon supply chain with GHG inventory initiative
(日本語訳)UMC、GHGインベントリー構想でサプライチェーンの低炭素化を推進

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る