USGBCとIWBI、健康的で持続可能なビルディングを促進するための戦略的パートナーシップを強化

USGBCとIWBI、健康的で持続可能なビルディングを促進するための戦略的パートナーシップを強化

11月2日、 米国グリーンビルディング協会(USGBC)と国際WELLビルディング協会(IWBI)は、人、コミュニティ、自然環境を優先する建物の採用を加速させるための戦略的パートナーシップの拡大を発表した。

2023年初頭より、本パートナーシップは、WELLとLEEDの二重認証の取得プロセスの合理化に焦点を当て、双方向のクロスウォークと、優れたグリーンビルの性能と実践を独自に評価する世界有数の組織、グリーンビジネス認証社(GBCI)が監督する協調的第三者審査を通じて、WELLとLEEDの認証を取得することを目指す。

さらに、本パートナーシップを通じて、USGBCとIWBI は、社会的公正、サステナブルファイナンス、アドボカシーなど、他のいくつかの優先事項にわたって共有する取り組みを拡大・拡張していく。

本パートナーシップは、LEEDとWELLの採用を加速させるための将来の機会や、増加するグリーン労働力を支援するための新しいツールやリソースの開発についても検討する予定である。

【参照ページ】
(原文)USGBC and IWBI Strengthen Their Strategic Partnership to Accelerate Healthy Sustainable Buildings
(日本語訳)USGBCとIWBI、健康的で持続可能なビルディングを促進するための戦略的パートナーシップを強化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る