シンガポール証券取引所、サステナブル債評価イニシアチブを立ち上げ

シンガポール証券取引所、投資家がサステナブルボンドを識別できるようにする

11月28日、シンガポール証券取引所(SGX)は、投資家がグリーン、ソーシャル、サステナビリティの債券を識別できるようにすることを目的とした、新たな取り組みを発表した。新しいプログラムでは、サステナブル債の発行者は、基準との整合性や情報開示などの要件を満たした証券に対して「SGXサステナブル債券マーク」を使用できるようになる。

この取り組みは、サステナブル債が債券市場の大きな部分を占めるようになり、前四半期には世界の債券発行量の16%を記録し、市場全体よりも高い回復力を維持していることを受けたものである。

SGXサステナブル債券イニシアティブの下で承認されるためには、発行体は、証券が認知されたグリーン、社会、持続可能性の基準に沿っていることを保証し、証券が基準に沿っていることを信頼できる外部の審査員から確認し、証券の整合性を示す公表済みの報告書を提供するなど、一連の基準を満たすことが要求されることになる。

また、発行者は基準との整合性に影響を与える可能性のある重要な情報とともに、基準で要求される発行後の報告書を公表することが要求される。

SGXによると、SGXに上場している債券のうち、200銘柄がすでにSGX Sustainable Fixed Incomeの基準を満たしていると推定されるとのことだ。

【参考ページ】
(原文)SGX Group Launches Initiative To Recognise Sustainable Fixed Income
(日本語訳)SGXグループ、サステナブル債を評価するイニシアチブを立ち上げ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る