Essity、使用済み食品・牛乳包装由来のティッシュ製品製造ライン世界初稼働

Essity、使用済み食品・牛乳包装由来のティッシュ製品製造ライン世界初稼働

10月19日、衛生・健康企業のEssityは、使用済みの食品・牛乳パッケージから調達した原材料を使用する世界初の業務用衛生ティッシュ製品の製造ラインを正式に立ち上げた。この最新鋭の設備は、年間25,000トンのリサイクルが可能で、これはフランスで回収・選別・リサイクルされる食品・飲料用カートンの60%に相当する。

2008年以来、フランスにおける食品・飲料パッケージからの紙繊維リサイクルのパイオニアであるEssityのオンドゥヴィル工場は、最近リサイクル能力を40%拡大した。特筆すべきは、このプロセスによって、プラスチックやアルミニウムを含む包装のほぼすべての材料のリサイクルが可能になったことである。リサイクルされた繊維原料は、Torkブランドで販売されるティッシュ製品の生産に使用される。

エシティは、2050年までにネット・ゼロ排出を達成することを目標に、材料の再利用と資源の最適化における継続的な革新に取り組んでいる。同社は、ドイツ、オランダ、そして最近ではエクアドルで、マクドナルドとReciVeciと協力してファーストフード店の紙コップのリサイクルに取り組んでいる。

エッシティのグローバル・サプライチェーン担当プレジデントであるドナート・ジョルジョは、真の循環型社会を構築するためには、バリューチェーン内での統合的なコラボレーションが重要であると強調した。オンドゥヴィルの生産施設は、エンド・ツー・エンドの循環型経済の模範的なモデルであり、コスト効率に優れた持続可能な生産を可能にすると同時に、埋立地ゼロの世界に向けて大きく前進している。

フランスはEssityにとってヨーロッパで2番目に大きな市場であり、従業員数は約2,300人、年間売上高は117億クローネ(約1,580億円)にのぼる。同社は、アクティムーブ、キューティメッド、デルタキャスト、デマックアップ、JOBST、ロイコプラスト、ロータス、ナナ、オーケー、TENA、トークなどの有名ブランドを擁し、衛生・健康用品の製造・販売を専門としている。

【参照ページ】
(原文)Essity reuses more than half of France’s recycled food and beverage packaging
(日本語参考訳)エシティはフランスの食品・飲料用リサイクル包装の半分以上を再利用

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る