PRI、ESG投資の「進化(プログレッション)」パスウェイの策定作業開始

10月24日、国連責任投資原則(PRI)が、ESG(Environmental, Social, and Governance)投資の進化を支援する「プログレッション・パスウェイ」フレームワークの共同設計作業を開始した。本フレームワークの背後には、PRIの創設以来、ESG投資の普及や規制の整備などにより、ESG投資の本質が変化してきたという認識がある。また、ESG投資の概念について署名機関間での意見の多様性があるため、PRIはこれらの議論を整理しようとしている。

「プログレッション・パスウェイ」は、特に社会および環境への投資の影響の測定に焦点を当てており、PRIの署名機関向けの意見募集では、95%の回答者がESG投資の進化に期待し、83%がプログレッションの適切な表現が必要であると認識している。

このフレームワークの一部として、PRIは「プログレッション」に関連する2つの整理を計画している。1つは、投資決定とエンゲージメント(企業への積極的な関与)における影響の扱いに関するもので、3つの異なるアプローチ(パスウェイA、B、C)を提供している。それぞれのアプローチは、財務リターンとポジティブな社会・環境インパクトに焦点を当てており、署名機関が自身の進化の道筋を選ぶことができる。

PRIの年次総会「PRI in Person」では、これらのアプローチについて異なる名前が提案されたが、混乱を招く可能性があるという意見もあり、最終的なネーミングについては決まっていない。

さらに、気候変動、人権、生物多様性などのテーマ別の進化の道筋についても、実践レベルに合わせたロードマップを提供する予定である。

PRIは、このフレームワークの策定に署名機関と協力し、必須ではなく、任意で参照できるツールとして提供する意向を示している。

【参照ページ】
(原文)PRI introduces Progression Pathways, a step-by-step journey to support progress on responsible investment practices
(日本語参考訳)PRI、責任投資慣行の進展を支援する段階的な旅「プログレッション・パスウェイ」を導入

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る