メルセデス・ベンツ、低炭素鋼を年間20万トン使用する目標を設定

6月13日、自動車メーカーのメルセデス・ベンツは、新型車の脱炭素化に向けた取り組みの一環として、2030年までに欧州のサプライヤーから年間20万トン以上のCO2削減鋼材を調達する新たな目標を発表した。

同社は、Salzgitter、thyssenkrupp Steel、voestalpine、Arvedi、SSAB、H2 Green Steelなどのサプライヤーから鋼材を購入する予定である。Salzgitter Flachstahl GmbHおよびArvediとは、CO2削減鋼材を調達するための既存のパートナーシップを結んでおり、Salzgitterは電気炉プロセスを用いてスクラップから鋼材を製造し、従来の高炉方式と比較してCO2排出量を60%以上削減する。

2021年には、水素を100%使用するSSABの直接還元プロセスから鋼材を調達する最初の乗用車メーカーとなり、スウェーデンのスタートアップ企業H2 Green Steel(H2GS)の株式を購入した。2023年初めには、欧州の自動車に使用する低炭素鋼を供給する契約をH2 Green Steelと締結している。

メルセデス・ベンツによると、同社の低炭素鋼供給契約は、2030年までに新車における乗用車1台あたりのライフサイクルCO2排出量を少なくとも半減し、2033年末までにカーボンニュートラルな新車群を提供するという目標を含む「アンビション2039」戦略の達成に向けたマイルストーンとなる。

2021年には、2030年までに全車両EV達成を含む、自動車保有車両の電動化計画を発表した。EVの生産は、従来の内燃機関自動車に比べて炭素集約的である傾向があり、EVの生産における総CO2排出量のうち最大20%を鉄が占めている。

メルセデス・ベンツは2023年初め、遅くとも2039年にはグリーン・スチール・サプライチェーンを実現する目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)Mercedes-Benz plans to source more than 200,000 tonnes of CO₂-reduced European steel annually
(日本語訳)メルセデス・ベンツ、低炭素鋼を年間20万トン使用する目標を設定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る