Macquarie、サステナビリティに特化した投資家Galwayに約350億円を投資

6月12日、Macquarie Asset Managementのグリーン・インベストメント・グループ(GIG)は、サステナビリティに特化した専門金融会社Galway Sustainable Capitalに2億5千万ドル(約350億円)を投資することを発表した。

2020年にCordillera Investment Partnersの出資により設立されたGalwayは、再生可能エネルギーと分散型エネルギー、効率性とグリーンビルディング、循環型経済ソリューション、グリーン輸送、持続可能な食料、土地と水、炭素修復、社会的責任クレジットなどの投資テーマにおいて、より強い回復力と持続性への移行を加速する企業に投資している。

Galwayは、モジュール型、分散型、地域密着型のプロジェクトに重点を置いており、一般的な個別投資額は最大5,000万ドル(約70億円)となっている。現在までに、同社は29の個別投資案件で2億5千万ドル(約350億円)以上を投資している。

【参照ページ】
(原文)Macquarie Asset Management’s Green Investment Group announces investment in Galway Sustainable Capital
(日本語訳)Macquarie、サステナビリティに特化した投資家Galwayに約350億円を投資

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る