B4IG、雇用主・サービス提供者向け公正採用ツールキットを発行

 

9月6日、世界大手30社が加盟するインクルージョン・イニシアチブ「Business for Inclusive Growth(B4IG)」は、人材採用企業と人材採用サービス会社の双方向けに、人権観点から外国人労働者の公正な採用ツールキットを発行した。企業およびサービス提供者が移民労働者の採用慣行とモデルを強化するのを支援することを目的としている。

今日のグローバルな経済環境において、ディーセント・ワーク、より良い生計機会、安定した環境を求めて母国外に出る労働者が増えている。これらの移民労働者は、世界中でほぼ1億6,400万人を占め、女性が48.4%を占めている(ILO、2022年)。移民労働者は、移住先国における深刻な労働力不足を補い、ビジネス、貿易ネットワーク、送金を通じて自国を発展させることにより、グローバル経済において中核的な役割を果たしている。

この職業的な旅の間、労働者、特に低技能労働者は、彼らがさらされる不規則な条件や環境のために、差別、雇用上の虐待、搾取を受ける可能性がある。政府、国際機関、市民社会、民間部門は協力して、この分野横断的かつ世界的な懸念に対処しなければならない。特に雇用者とサービス提供者は、移民労働者のリスクに対処し、彼らの人権を保護するためのさらなる措置を講じる責任がある。

本ツールキットは、ILOの公正採用原則、IOMのガイダンス、ダッカ原則、および企業のベスト・プラクティスに基づき、会員企業による14の運用ツールを編集した上で、採用の過程における6つの要素を提示している。ツールキットは、各章で主要な行動や、人材派遣会社の選び方、無報酬の人材派遣方針の実施方法、効果的な苦情処理メカニズムの設計・構築方法などのチェックリストを通じて、運用に関する情報を提供している。

【参照ページ】
(原文)B4IG publishes Fair Recruitment Toolkit for Employers & Service Providers
(日本語参考訳)B4IG、雇用主・サービス提供者向け公正採用ツールキットを発行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る