Electrolux、科学的根拠に基づく目標を設定 製品および事業活動からの排出量を削減

Electrolux、科学的根拠に基づく目標を設定し、製品および事業活動からの排出量を削減

1月11日、家電メーカーのElectroluxは、製品や事業を含むバリューチェーン全体での温室効果ガス排出量を削減するため、科学的根拠に基づく気候変動目標を新たに設定したことを発表した。

新目標は、科学的根拠に基づく目標イニシアティブ(SBTi)により承認されたもので、同イニシアティブは、気候変動の抑制という世界的な目標に企業の環境維持活動を合致させることに焦点を当てた重要な組織のひとつである。SBTiは、2015年基準で2025年までにスコープ1と2の排出量を82%、スコープ3の製品使用による排出量を25%削減するという科学的根拠に基づく目標を掲げていたが、予定より3年早く達成した。

新目標の下、Electroluxは2021年から2030年の間に、自社事業からのスコープ1と2の直接・間接排出量を85%削減し、販売製品、資材、製品輸送、出張を含むグループのスコープ3の絶対排出量を42%削減することを目標としている。

Electroluxグループは、2018年にScience Based Targetsイニシアティブによって承認された気候変動目標を世界で最初に設定した100社のうちの1社である。新しいスコープ1と2の目標により、Electroluxグループは2030年までに2015年比で97%の事業活動における排出削減を目標としている。

【参照ページ】
Electrolux Group announces its second science-based climate target

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る