ファイザー、低所得国の12億人に医薬品・ワクチンへの非営利アクセスを提供

5月25日、製薬大手ファイザーは、「An Accord for a Healthier World」の立ち上げを発表した。米国およびEUで販売されている同社のすべての医薬品およびワクチンを、低所得国の人々に非営利で提供する新しい取り組みである。

本イニシアティブは、まずルワンダ、ガーナ、マラウィ、セネガル、ウガンダで展開され、最終的にファイザーは、低所得国45カ国で12億人に提供することを目指す。

本イニシアティブの下、最初の5カ国の医療関係者は、診断、医療従事者教育、サプライチェーン管理などの分野で、医薬品やワクチンの入手を阻む障害を特定し解決するために同社と協力するとともに、医薬品やワクチンの入手にかかる時間を短縮するために規制や調達経路について協力する予定だ。また、最初の5カ国での取り組みは、この協定のより広い展開に反映する。

ファイザーによると、この協定は、グローバルヘルスに不釣り合いな影響を及ぼす疾病の治療に特に重点を置き、非営利ベースで同社の将来のパイプライン医薬品およびワクチンへの迅速なアクセスを可能にする。さらに、ファイザーは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団からの資金提供を受けて、低所得国における死産や新生児死亡の主要原因であるB群レンサ球菌(GBS)の予防のためのワクチン候補の開発に取り組んでいる。

【参照ページ】
(原文)Pfizer Launches ‘An Accord for a Healthier World’ to Improve Health Equity for 1.2 Billion People Living in 45 Lower-Income Countries
(日本語訳)ファイザー、低所得国の12億人に医薬品・ワクチンへの非営利アクセスを提供

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る