オーストリア、40億ユーロのグリーンボンド募集で「Greenium」を取得

5月24日、オーストリアは、持続可能な投資のための資金調達として40億ユーロ(約5,400億円)を調達し、初のグリーンボンド発行を発表した。この27年債は、7倍近い応募があり、グリーンボンドに比べ2.5bpの「Greenium」、すなわちグリーンボンドでない類似の債券に比べ有利な利回りスプレッドを獲得した。

本公募は、オーストリア財務省が最近発表したグリーンボンドの枠組みを受けたもので、グリーンボンド発行による収益からの投資対象カテゴリーを概説している。今回の募集で得られる資金は、クリーンな輸送手段、再生可能エネルギー、持続可能な上下水道管理、生物多様性の増加、汚染防止など、オーストリアの「グリーン転換」を支援する投資に充てられる予定だ。

当フレームワークは、ISS ESGからセカンド・パーティ・オピニオン(SPO)を取得し、同社のサステナビリティ戦略にも合致している。また、SPOは、このフレームワークがEUのタクソノミーの要件に合致していることを確認し、ソブリン発行会社としては初の試みとなった。

本取引には200人以上の投資家が参加し、割り当ての65%がユーロ圏の投資家に、20%が英国の投資家に配分された。投資家の種類別内訳は、ファンドマネージャーが47%、銀行が21%、保険・年金基金が18%となっている。グリーン投資家は全体の70%を占めた。

【参照ページ】
(原文)Austria sells first ever green bond
(日本語訳)オーストリアが史上初のグリーンボンドを販売

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る