Microsoft・Alphabet・BCG、大規模な炭素除去コミットメントを発表

Microsoft、Alphabet、BCGが大規模な炭素除去のコミットメントを発表

5月25日、MicrosoftとAlphabet、およびコンサルティング・アドバイザリーのボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は、一連の炭素除去に関する公約を発表した。 MicrosoftとAlphabetは炭素除去プログラムに合計4億ドル(約500億円)を投資することを約束し、BCGは2030年までに10万トンの炭素除去を目標としている。

今回の発表は、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラム年次総会で、セールスフォースによる1億ドル(約127億円)の炭素排出削減投資の誓約とともに行われた。これは、排出削減が困難な分野に取り組むクリーンテクノロジーの早期市場創出に取り組む企業連合、ファースト・ムーバーズ・コーリション(FMC)のイニシアチブの一環だ。

FMCは、昨年のCOP26気候変動枠組条約締約国会議(COP26)で発足し、環境負荷低減が困難な分野に対応するクリーンテクノロジーの早期市場創出を目指す企業連合。2030年までに達成すべき主要な先進的購入義務を設定することで、同連合は強い市場シグナルを送り、炭素ゼロに近い鉄鋼、アルミニウム、船舶、トラック輸送、航空、および高度な二酸化炭素除去ソリューションなどのクリーンテクノロジーの拡大および商業化を可能にしている。

本連合は、Microsoft 、Alphabet、EY、FedEx、Ford、PWCなど、注目の企業数社の加盟を発表した。

炭素の除去は、気候変動との戦いにおける重要な手段として浮上しているが、大気中から炭素を回収・貯蔵する技術やソリューションのほとんどは、まだかなり初期の段階にとどまっている。今年初めに発表されたIPCCの画期的な気候変動緩和研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオでは、二酸化炭素の除去(CDR)方法が今後数十年にわたって年間数十億トンの除去量に拡大するとしている。

【参照ページ】
(原文)BCG Commits to Remove 100,000 Tonnes of Carbon by 2030 as Expanded First Mover Coalition Sends Powerful Signal to Market to Commercialize Zero-Carbon Tech
Private Sector Sends Powerful Market Signal to Commercialize Zero-Carbon Tech, as Key Coalition Tops 50 Members
(日本語訳)BCG、2030年までに10万トンの炭素排出を約束 ~ファースト・ムーバー連合の拡大により、ゼロ・カーボン技術の実用化に向け強力なシグナルを市場に発信
民間企業がゼロ・カーボン技術の実用化に向けて強力な市場シグナルを発信、主要連合が50社に到達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る