ドイツ銀行、サプライヤーに対するESG格付けの義務化を導入

5月18日、ドイツ銀行は新しい方針として、ドイツ銀行に製品やサービスを提供する主要なサプライヤーはすべてESG評価を受ける必要があり、来年からはサステナビリティの最低スコアを満たしたベンダーに対してのみ新規契約を承認すると発表した。

年間80億ユーロ(約1兆1,000万円)を超えるサードパーティベンダーの支出を抱えるドイツ銀行は、その購買力を利用してサプライチェーンのESG説明責任と透明性の向上を推進し、サプライヤーが高いESG要件を満たすようにする。

ドイツ銀行によると、本取り組みについて、ビジネスサステナビリティ格付けプロバイダーであるEcoVadisと提携している。7月より、ドイツ銀行と50万ユーロ(約7,000万円)以上の新規契約または延長契約を結ぶすべてのサプライヤーには、EcoVadis、またはMSCI ESG、Sustainalytics、ISS ESG、S&P Global、CDPなどの適格格付機関による外部ベンダー・サステナビリティ評価を受けることを義務化する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Deutsche Bank makes vendor sustainability ratings mandatory
(日本語訳)ドイツ銀行、サプライヤーに対するESG格付けの義務化を導入

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る