ウォルマートとゼネラル・ミルズ、リジェネラティブ農業導入で協働

ウォルマートとゼネラル・ミルズ、リジェネラティブ農業導入で協働

米国の小売大手ウォルマートとその傘下企業サムズクラブ、並びに穀物業界の巨大企業ゼネラル・ミルズは、2030年までに米国内で60万エーカーの農地にリジェネラティブ農業を導入するために協力することを発表した。

この提携において、3社はアメリカの7つの州、ノースダコタ、サウスダコタ、ネブラスカ、カンザス、オクラホマ、コロラド、ミネソタにおいて、小麦などの作物に関するリジェネラティブ農業プロジェクトを展開する。米魚類野生生物財団(NFWF)からの助成金も受ける予定である。

ウォルマートは、同社の財団と共同で、2030年までに5,000万エーカー以上の土地の保全、持続可能な管理、回復を目指しており、リジェネラティブ農業の推進にも積極的である。ウォルマートは、さらに7年間で約1.2億米ドル(約170億円)に相当する支援を行うため、リジェネラティブ農業の促進においてペプシコとの提携も発表した。一方、ゼネラル・ミルズは、2030年までに100万エーカーの土地でリジェネラティブ農業を導入する目標を掲げており、今回の協力もその一環となる。

【参照ページ】
(原文)General Mills and Walmart Join Forces To Advance Regenerative Agriculture Across 600,000 Acres by 2030
(日本語参考訳)ゼネラル・ミルズとウォルマート、2030年までに60万エーカーで再生可能農業を推進するために提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る