ベスト・バイ、ウォルマート、イケア、小売業のネット・ゼロ加速キャンペーンを共同実施

ベスト・バイ、ウォルマート、イケア、小売業のネット・ゼロ加速キャンペーンを共同実施

テック系小売企業であるBest Buyは、小売業界における気候変動対策を推進し、他の小売企業にネット・ゼロの達成と1.5℃への温暖化の抑制に向けた炭素削減計画の策定を促すため、「Breakthroughs 2030: Retail」キャンペーンに参加し、創設メンバーとなったことを発表した。

本キャンペーンは、小売業界における気候変動対策を推進し、他の小売企業にネット・ゼロおよび1.5℃までの温暖化抑制に向けた二酸化炭素削減計画の策定を促すことを目的としている。

このキャンペーンは、7月に発表されたUNFCCCの「Race to Zero」イニシアティブの一環であり、遅くとも2050年までに炭素排出量をネット・ゼロにすることを目指す企業、都市、地域、投資家のリーダーシップと支援を結集し、脱炭素経済への移行に向けた機運を高めることを目的としている。

小売アライアンスの設立メンバーには、H&Mグループ、イングカグループ(IKEA)、キングフィッシャー、ウォルマートなどがいる。Race to Zero」に参加する小売企業は、科学的根拠に基づく気候目標を設定し、2030年までに温室効果ガス(GHG)の排出量を半減させ、2050年までに排出量を完全にゼロにすることを約束する。

今週開催されたCOP26では、「Race to Zero Retail Accelerator Pledge(レース・トゥー・ゼロ・リテール・アクセラレーター・プレッジ)」を発表した。これは、世界、地域、国の小売業界団体を対象としている。小売業界団体は、会員の20%以上がRace to Zeroに参加することで「アクセラレーター」となることができる。このキャンペーンは、小売業界団体の会員の間で気候変動に対する機運を高め、各国政府と協力して規制環境を整えることを目的としている。

【参照ページ】
(原文)Best Buy becomes founding member of Race to Zero campaign
(日本語訳)ベスト・バイ、ウォルマート、イケア、「小売業におけるネット・ゼロを加速する連合」を共同設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る