G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高い持続可能なインフラ」のために数千億ドルの投資を目的とした正式な協力体制、「世界インフラパートナーシップ(PGII)」の発足を発表した。

バイデン米国大統領とショルツ連邦首相が発表したPGIIの目的は、中低所得国が気候緩和、通信、医療などの分野で巨額の投資資金を必要とする中、インフラ格差の解消を支援することである。

また、中国が大規模な「一帯一路」プログラムを強化し、新興市場経済にインフラ投資のための資金を提供する中で、本イニシアティブは実現した。

全体として、両首脳は、2027年までに世界のインフラ投資に6000億ドル(約81兆円)を動員することを目指すと述べた。

バイデン大統領が説明したプログラムの重要な柱の一つは、気候危機への取り組みとエネルギー安全保障の強化を支援するための投資である。重点分野には、気候変動に強いインフラ、エネルギー技術、クリーンエネルギーのサプライチェーンへの投資が含まれる。

その他の重点投資分野としては、通信・電力供給インフラ、女性の経済参加の機会拡大を目指した投資、医療システムの開発・改善などがある。

【参照ページ】
中国「一帯一路」に対抗軸、G7がインフラ投資の新枠組み「PGII」を発足
G7、途上国へのインフラ投資支援計画(PGII)発表、5年間で6,000億ドル拠出を目指す

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る