Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会社Braathens Regional Airlinesは、史上初となる100%持続可能な航空燃料(SAF)を使用した民間リージョナル航空機の試験飛行を完了したと発表した。

SAFは、現在、世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2~3%を占める航空業界の脱炭素化を支援する重要なツールのひとつと考えられている。SAFは一般的に、廃油や農業残渣など、持続可能な資源から製造される。SAFの生産者は、従来の燃料と比較して最大80%のGHG排出量の削減が可能であると見積もっている。

スウェーデンで行われた本フライトは、3社の協力のもと昨年から始まったATR機のSAF認証プロセスの一環で、2025年の認証完了を目指したものである。また、ATRは2022年初頭、1つのエンジンにSAFを搭載した地上試験と飛行試験を実施し、先日の試験飛行では、初めて2つのエンジンにSAFを搭載して完成させた。

今回のフライトは、SAFに関する一連のマイルストーンの中で最新のものである。昨年末、ユナイテッド航空は、SAFを燃料とするエンジンによる史上初の旅客飛行の完了を発表し、英国は最近、来年末までにSAFによる史上初のネット・ゼロエミッション大西洋横断飛行を実現すると約束した。

Nesteによると、使用済み食用油などの再生可能な廃棄物や残滓原料を100%使用した「ネステ MY SAF」は、そのままの形で使用すると、化石燃料のジェット燃料使用時と比較してライフサイクルでの温室効果ガス排出を最大80%削減できる。

【参照ページ】
First Flight in History with 100% Sustainable Aviation Fuel in Both Engines on a Commercial Aircraft

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る