自動車大手GM、エネルギー管理部門を新設し、オール電化戦略を家庭や企業にも拡大

自動車大手GM、エネルギー管理部門を新設し、オール電化戦略を家庭や企業にも拡大

10月11日、自動車大手General Motors(GM)は、家庭、企業、EVユーザー向けにエネルギー管理ソリューションと製品を提供する新事業部門、GM Energyの立ち上げを発表した。

新事業は、GMの「全EV」戦略のバックボーンとなっているウルティウム・バッテリー・プラットフォームを中心に構築されている。GMの電気自動車充電ユニットであるウルティウムチャージ360と、新たに立ち上げたウルティウムホーム、ウルティウムコマーシャルからなり、「家庭、企業、EVの顧客向けのまとまったエネルギー管理 」を実現しする。

GM Energyが提供するソリューションは、双方向充電、vehicle-to-home(V2H)、vehicle-to-grid(V2G)アプリケーションから、定置用ストレージ、ソーラー製品、ソフトウェアアプリケーション、クラウド管理ツール、マイクログリッドソリューション、水素燃料電池などの幅広いエネルギー管理・ストレージ・充電製品およびサービスなどである。

また、エネルギー消費のピーク時には、EVや定置用蓄電池からグリッドにエネルギーを売ることも可能になる。

GMによると、すでに米国の複数の大企業が、顧客へのエネルギーソリューションの提供および製品やサービスの提供を受けるために、GM energyと協力することに合意している。同社は、ソーラー技術およびエネルギーサービスプロバイダーのSunPowerと協働し、EVとバッテリーソリューション、ソーラーパネル、家庭用エネルギー貯蔵を統合したホームエネルギーシステムを開発し顧客に提供する。ほか、PG&Eと共に、住宅顧客が短期停電時にEVをバックアップ電源として使用できるようにするパイロットプロジェクトも発表している。

【参照ページ】
General Motors’ New Energy Ecosystem Will Give Customers Control of Their Energy Needs and Help Mitigate Effects of Power Outages

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る