自動車大手GM、エネルギー管理部門を新設し、オール電化戦略を家庭や企業にも拡大

自動車大手GM、エネルギー管理部門を新設し、オール電化戦略を家庭や企業にも拡大

10月11日、自動車大手General Motors(GM)は、家庭、企業、EVユーザー向けにエネルギー管理ソリューションと製品を提供する新事業部門、GM Energyの立ち上げを発表した。

新事業は、GMの「全EV」戦略のバックボーンとなっているウルティウム・バッテリー・プラットフォームを中心に構築されている。GMの電気自動車充電ユニットであるウルティウムチャージ360と、新たに立ち上げたウルティウムホーム、ウルティウムコマーシャルからなり、「家庭、企業、EVの顧客向けのまとまったエネルギー管理 」を実現しする。

GM Energyが提供するソリューションは、双方向充電、vehicle-to-home(V2H)、vehicle-to-grid(V2G)アプリケーションから、定置用ストレージ、ソーラー製品、ソフトウェアアプリケーション、クラウド管理ツール、マイクログリッドソリューション、水素燃料電池などの幅広いエネルギー管理・ストレージ・充電製品およびサービスなどである。

また、エネルギー消費のピーク時には、EVや定置用蓄電池からグリッドにエネルギーを売ることも可能になる。

GMによると、すでに米国の複数の大企業が、顧客へのエネルギーソリューションの提供および製品やサービスの提供を受けるために、GM energyと協力することに合意している。同社は、ソーラー技術およびエネルギーサービスプロバイダーのSunPowerと協働し、EVとバッテリーソリューション、ソーラーパネル、家庭用エネルギー貯蔵を統合したホームエネルギーシステムを開発し顧客に提供する。ほか、PG&Eと共に、住宅顧客が短期停電時にEVをバックアップ電源として使用できるようにするパイロットプロジェクトも発表している。

【参照ページ】
General Motors’ New Energy Ecosystem Will Give Customers Control of Their Energy Needs and Help Mitigate Effects of Power Outages

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る