ScaniaとSSAB、2030年までに100%化石燃料を使用しない鉄鋼の納入に関する契約を締結

ScaniaとSSAB、2030年までに100%化石燃料を使用しない鉄鋼の納入に関する契約を締結

11月14日、スウェーデンを拠点とするトラック・バスメーカーのScaniaと、スウェーデンを拠点とする世界的な鉄鋼会社SSABは、2030年にSSABからScaniaに納入されるすべての鉄鋼を脱炭素化する目標を含む、化石燃料を使用しない鉄鋼に関する新たな合意を発表した。

新契約に基づく納入は2026年に開始される予定である。

製鉄は、世界的に最もCO2を排出する産業の1つであり、同部門からの温室効果ガス排出量(GHG)は、世界の化石燃料使用による直接排出量の7~9%を占めている。

SSABは2021年、パートナーであるVattenfallおよびLKABと共同で開発した化石燃料を使用しない鉄鋼製造技術HYBRITを2026年までに市場に投入する計画を発表した。HYBRITは、従来鉄鉱石を原料とする製鉄に使用されていた原料炭を、化石燃料を使用しない電気と、二酸化炭素の代わりに副産物として水を生成する水素に置き換える。

新合意は、Scaniaが昨年発表した、2030年までにサプライチェーンを脱炭素化するというコミットメントに続くもので、バッテリー、鉄鋼、アルミニウム、鋳鉄など、主要な生産材料の排出源に焦点を当てた取り組みが約80%を占めている。

両社はFirst Movers Coalitionのメンバーであり、脱炭素化が困難なセクターの企業に対し、低炭素製品の購入を増やすよう奨励している。両社は、新協定は、革新的なクリーン技術の早期市場創出のために購買力を活用するという目標を支援するものであると述べた。

【参照ページ】
(原文)Scania and SSAB agree deal to 100% decarbonise steel deliveries by 2030
(日本語参考訳)ScaniaとSSAB、2030年までに100%化石燃料を使用しない鉄鋼の納入に関する契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る