グリーンウォッシュとは。日本企業に必要な対応策を事例とともに紹介。

グリーンウォッシュとは、企業があたかも環境配慮した製品やサービスを提供すると表ではいいながら、実質的には環境へ負の影響を与えているような状況を指し、過去にはNGO団体からの糾弾を受ける対象にだった。しかし、昨今ではESG投資の拡大の影響により、投資家からの関心も高まりつつある。特に、欧州では規制化の動きがあるなど、見過ごせない状況だ。

また、グリーンウォッシュの概念は、人権問題などの社会的側面にまで及びつつあり、ブルーウオッシュと呼ばれ、広がりつつある。企業として、サステナビリティの取り組みが、「見せかけ」とならないようにどうすればよいのか、国内外の動向を踏まえ解説する。

グリーンウォッシュの概要

グリーンウォッシュとは

「グリーンウォッシュ」は、企業や組織が環境に配慮した印象を装いながら、実際には環境に対する真剣な取り組みを行っていないことを指す言葉である。この用語は、「グリーン(環境に配慮した)」と「ホワイトウォッシング(うわべを取り繕う)」を組み合わせた造語であり、主に企業の広告や活動に対して使用される。

環境意識が高まる中、企業は環境に優しいイメージを築くことが評判向上に寄与することから、実際には環境に配慮していないにもかかわらず「環境に優しい」と主張する企業が増加した。「グリーンウォッシュ」の批判を受けて、1980年代から欧米の環境活動家がこの言葉を使用し、1992年のリオサミット前にはグリーンピースが「GREENWASH」という本を出版して、この概念が広まった。

(参考記事)グリーンウォッシュ | SDGs 用語集 | SDGs SCRUM (sdgs-scrum.jp)


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る