JPモルガン、2050年までのネット・ゼロに向けた融資排出量削減目標を引き上げ

JPモルガン、2050年までのネット・ゼロに向けた融資排出量削減目標を引き上げ

11月15日、JPモルガン・チェースは、石油・ガス、電力、自動車製造など、炭素集約的な3つのセクターの排出削減目標の更新を発表した。

この更新目標は、2023年気候報告書の発表と同時に発表された。新たに2つのセクターの2050年ネット・ゼロ目標、スコープ3の「エネルギー・ミックス」目標、目標が設定されたセクターのファイナンス排出量に関する初めての開示が含まれている。

通常、金融機関の気候変動への影響の大部分を占めるのは融資活動であり、融資による排出量は運用による排出量の数倍に上ることが多い。新目標は、2020年10月に発表された、金融活動をパリ協定の目標に合致させ、低炭素世界への移行がもたらす長期的な経済的・環境的便益を顧客が享受できるよう支援するというコミットメントの一環である。

JPモルガンは、2021年に、石油・ガス、電力、自動車製造の各セクターについて、2030年における最初の中間的な排出削減目標を設定した。各セクターで発表された目標は、パリ協定と整合的な国際エネルギー機関の持続可能な開発シナリオに沿ったもので、2070年までにネット・ゼロ・エミッションを達成することを目標としている。

JPモルガンは報告書の中で、IEAのNZEに沿った2030年のセクター目標を新たに2つ紹介した。その中には、アルミニウム生産の排出原単位を25%削減する目標と、海運セクターの「タンク・トゥ・ウェイク」排出量を33%削減する目標が含まれる。同行は昨年、航空、鉄鋼、セメントセクターのNZEに沿った目標を導入した。

JPモルガンは、新目標と改訂目標に加え、石油・ガス部門の目標を変更し、従来の「石油・ガス最終使用量」目標から、新たに「エネルギーミックス」目標に拡大することを発表した。新目標はまた、より野心的なIEA NZEシナリオに沿ったもので、新カテゴリーでは2030年までに排出原単位を36%削減することを目指している。

本報告書には、JP モルガンが目標を設定したセクターの資金調達による絶対排出量も初めて開示されており、融資業務と資本市場業務の両方の排出量も含まれている。この開示で明らかになったのは、JPモルガンのスコープ3のフットプリントの大部分を占めるのは、新たに設定された「エネルギーミックス」のカテゴリーであり、融資による絶対排出量は1億7950万トンCO2eで、2位の「電力」の3420万トンCO2eを大きく引き離している。

【参照ページ】
Our Initiatives | JP MORGAN CHASE & Co.

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る