CCPE、2040年にネット・ゼロ・カーボンニュートラルを宣言しサプライヤー支援強化

CCPE、2040年にネットゼロ・カーボンニュートラルを宣言しサプライヤー支援強化

11月1日、欧州・アジアの飲料大手、コカ・コーラ・ユーロパシフィック・パートナーズ(CCEP)は、2040年までにカーボンニュートラルを達成する目標を発表し、科学的根拠に基づく削減目標イニシアティブ(SBTi)からネット・ゼロ・スタンダード基準での承認を取得した。

同社は2030年までに、2019年比でスコープ1からスコープ3までの排出量を総量で30%削減するという短期目標も発表した。さらに、スコープ3排出量の80%を占めるサプライヤーに対してSBTi相当の目標設定や再生可能エネルギーへの転換をサポートする方針を明らかにした。同時に、全ての包装材のリサイクル率向上と、2030年までに自社の全事業を100%再生可能エネルギーに転換する計画を発表した。

CCEPは2020年から2022年までに、サプライヤーのカーボンニュートラル化を支援するために約3億ユーロ(約480億円)を投資し、SBT設定や再生可能エネルギーへの転換を促進するためのサプライチェーン・ファイナンス・イニシアティブを開始した。

同社は既に、全市場での再生可能エネルギー使用率74%を達成し、欧州でのプラスチックボトルへのリサイクル再生PET(rPET)含有率50%以上も当初目標を4年前倒しで達成している。今後は、2025年までにオーストラリア、太平洋地域、インドネシア(API)でも同50%まで引き上げることを目標としている。

これらの取り組みを通じて、CCEPは持続可能な事業運営に向けた積極的なアクションを強化し、環境への影響を最小限に抑える方向に進んでいる。

【参照ページ】
(原文)Coca-Cola Europacific Partners’ net-zero target approved by the Science Based Targets initiative
(日本語参考訳)CCPE、2040年にネット・ゼロ・カーボンニュートラルを宣言しサプライヤー支援強化

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る