ILO、IOM、WEF、2021年の現代奴隷の数を発表

 

9月12日、国際労働機関(ILO)、国際移住機関(IOM)、国際人権NGOのWalk Free Foundation(WEF)は、世界全体の2021年の現代奴隷の数が5,000万人であったと発表した。このうち、2,800万人が強制労働に、2,200万人が強制結婚に囚われている。

現代奴隷制にある人々の数は、過去5年間で大幅に増加している。2016年の世界推計と比較して、2021年には1,000万人以上の人々が現代奴隷制におかれている。女性と子どもは依然として不相応に弱い立場にある。現代の奴隷制は、世界のほぼすべての国で発生しており、民族・文化・宗教の垣根を越えている。強制労働の半分以上(52%)と強制結婚の4分の1は、高中所得国または高所得国に見られる。

強制労働の大部分(86%)は民間企業で発生している。商業的な性的搾取以外の分野での強制労働は全強制労働の63%を占め、商業的な性的搾取の強制は全強制労働の23%を占めている。

国家による強制労働は、強制労働者の14%を占めており、強制労働に就いている人のほぼ8人に1人が子ども(330万人)である。その半数以上が、商業的な性的搾取を受けている。

2021年には、2,200万人が強制結婚の中で生活していたと推定されている。これは、2016年の世界推計から660万人増加した。強制結婚、特に16歳以下の子どもが関与する強制結婚の真の発生率は、現在の推定値をはるかに上回ると推定されている。児童婚は、子どもが法的に結婚に同意できないため、強制された結婚とみなされる。

強制結婚は、長く定着している家父長制の考え方や慣行と密接に関係しており、非常に状況依存的である。強制結婚の圧倒的多数(85%以上)は、家族の圧力によって引き起こされている。強制結婚の3分の2(65%)はアジア太平洋地域に見られるが、地域の人口規模を考慮するとその普及率はアラブ諸国が最も高く、この地域では1,000人中4.8人が強制結婚されている。

【参照ページ】
(原文)50 million people worldwide in modern slavery
(日本語訳)ILO、IOM、WEF、2021年の現代奴隷の数を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る