BCG、サステナビリティ変革のためのコンサルティング会社Quantisを買収

BCG、サステナビリティ変革のためのコンサルティング会社Quantisを買収

9月15日、ボストンコンサルティンググループ(BCG)は、気候変動やサステナビリティに関する専門知識と変革能力を強化するため、環境サステナビリティコンサルタント会社であるQuantisを買収したと発表した。

2006年に設立されたQuantisは、「持続可能な変革」の推進に関して企業に助言を行い、グローバル企業が気候・生物多様性・水・土地・プラスチックのフットプリントを理解し、戦略を開発するための支援をする。同社がサービスを提供する主な分野は、食品・飲料、化粧品・パーソナルケア、ファッション・スポーツ用品などだ。

今回の買収により、主に欧州と米国を拠点とする250名の環境専門家と変革のスペシャリストがBCGに加わる。これは、世界中のコンサルティング会社がクライアントからの高まる需要に応えるために、サステナビリティの専門知識と能力を追加する動きを見せていることを受けたものだ。今月のM&Aでは、Accentureによる炭素・気候変動戦略コンサルティング会社Carbon Intelligenceの買収や、EYによるカナダのサステナビリティ・コンサルティング会社AFARAの買収が行われた。

【関連記事】
Accenture、気候戦略コンサルティング会社「Carbon Intelligence」を買収
EY、カナダのESGコンサルティング会社AFARAを買収

BCGは、生物多様性・循環型経済・脱炭素・持続可能な農業・移行融資・水管理、その他のESGトピックなど、サステナビリティの全領域をカバーするBCGの数百人の専門家を結集し、昨年、気候・サステナビリティセンターを設立するなど、サステナビリティに関する能力を高めることにも積極的に取り組んでいる。

【参照ページ】
(原文)Quantis is joining BCG to accelerate sustainable business transformation!
(日本語訳)クオンティスはBCGの一員として、持続可能なビジネス・トランスフォーメーションを加速します

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る