Accenture、気候戦略コンサルティング会社「Carbon Intelligence」を買収

Accenture、気候戦略コンサルティング会社「Carbon Intelligence」を買収

9月1日、Accentureは炭素・気候変動戦略コンサルタント会社であるCarbon Intelligenceを買収し、サステナビリティ関連の最新の取引を発表した。

英国に拠点を置くAccentureは、企業のカーボンフットプリント全体の測定と管理を支援している。同社は、CDP、WRI、WWF、UNGCが共同で設立したScience Based Targets initiative (SBTi) と密接に連携し、企業の環境サステナビリティ活動を気候変動抑制という世界的目標に合致させ、科学的根拠に基づく脱炭素目標の設定と、その達成に向けた戦略開発を支援している。

Accentureの買収により、Accentureのサステナビリティ・サービスに160名以上のプロフェッショナルが加わる。Accentureは本買収により、テクノロジー、科学、データ、経済学を駆使して、世界中のクライアントに持続可能な影響を与える能力が拡大される。

本発表は、AccentureがサステナビリティとESGに焦点を当てた能力を強化する一連の動きの中で最新のものであり、ミュンヘンを拠点とするサステナビリティコンサルタント会社akzente、英国を拠点とするサステナビリティコンサルタント会社Aviecoおよびサステナビリティに関するエンジニアリングとアドバイスのコンサルタント会社Greenfishを最近買収していることを意味する。さらに、Accentureのベンチャー部門であるAccenture Venturesは、最近、ESG測定プラットフォームのPulsESGへの戦略的投資を発表し、昨年はESGデータプラットフォームのアラベスクエスレイ(現ESGブック)にも投資している。

【関連記事】Accenture、ESG測定プラットフォームPulsESGに出資

【参照ページ】
(原文)Accenture Acquires Leading Carbon Emissions and Climate Change Strategy Consultancy Carbon Intelligence
(日本語訳)Accenture、気候戦略コンサルティング会社「Carbon Intelligence」を買収

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る