医薬品会社GSK、サプライヤーへのサステナビリティ要求事項を発表

GSK、サプライヤーへのサステナビリティ要求事項を発表

9月20日、バイオ医薬品のグローバル企業であるGSKは、新しい持続可能な調達プログラムを立ち上げ、サプライヤーに対して、排出量・エネルギー・熱・輸送・廃棄物・水・生物多様性などの分野でサステナビリティを約束し改善するよう求め、支援すると発表した。

GSKによると、Climate Week NYCで発表された本プログラムは、自社のサステナビリティ目標達成に向けた取り組みの一環をなすものだ。GSKは2020年後半に、2030年までに気候への影響をネット・ゼロ、自然への影響をネット・プラスにすることを目指す一連のサステナビリティ目標を打ち出した。同社の環境目標には、GSKの全事業所で再生可能な電力の使用と適切な水の管理を100%行うこと、持続可能な方法で調達され森林破壊のない材料を100%使用すること、世界中のGSK販売員の電気自動車の使用を100%に移行することなどが含まれている。

企業の環境負荷のうち、サプライチェーンが大きな割合を占めることはよくある。例えば、製薬業界では、医薬品有効成分(API)の製造は、熱・エネルギー・水の面で資源を大量に消費する。

GSKは、同社のカーボンフットプリントの40%がサプライチェーンに存在し、水・廃棄物・生物多様性への影響の大部分をサプライヤーが占めていると明らかにした。

2023年に開始される新しいプログラムでは、GSKはサプライヤーに対して、排出量の開示、Science Based Targets initiative(SBTi)に沿った炭素削減目標および実施計画の設定、再生可能電力および熱への切り替えなどの対策を求める。さらに、水不足地域におけるウォーターニュートラル、10%の廃棄物削減、GSKの責任ある調達に関する最低基準への準拠、グリーン輸送ソリューションの提供などの要件も設けている。

GSKは、新しい環境持続可能性対策を採用するサプライヤーを積極的に支援し、業界規模での解決策を開発するために、いくつかの業界横断的な共同プロジェクトの開発を主導していると述べている。現在進行中の取り組みとしては、医薬品のバリューチェーンにおける再生可能エネルギーの導入と気候変動対策を加速させることを目的とした「Energize」プログラムなどがある。

【参照ページ】
(原文)GSK launches Sustainable Procurement Programme for suppliers
(日本語訳)GSK、サプライヤー向けに持続可能な調達プログラムを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る