AtmosZero、炭素排出ゼロの蒸気ソリューションで30億円を調達

2月20日、クリーンテックスタートアップAtmosZeroは、2,100万ドル(約30億円)の資金を調達したと発表した。本資金は、産業用蒸気の脱炭素化によって産業排出ガスに取り組むソリューションの商業化に使用される。

産業用蒸気は、食品・飲料製造から化学製造、建築環境まで幅広い産業で使用されており、産業用エネルギー使用量の約15%を占め、主に化石燃料の燃焼によって生成されている。

2021年、コロラド州立大学のプロジェクトから生まれたAtmosZeroは、空気中の熱を利用して高温の蒸気を最大効率で発生させ、CO2排出量をゼロにするモジュール式電化ボイラー、ボイラー2.0を開発した。同社によると、本ソリューションは現在の電気ボイラーよりも大幅に効率的で、電力使用量は半分、ドロップインシステムであるため、企業は既存の天然ガスや石油ボイラーを迅速かつコスト効率よく置き換えることができる。

2023年、AtmosZeroはニューベルギー・ブルーイング・カンパニーとの戦略的パートナーシップを発表した。さらに同社は、アムステルダムを拠点とする欧州子会社AtmosZero Europe, B.V.を立ち上げた。AtmosZeroは今回の投資により、商業パイロット試験の実施や欧州での事業拡大など、両取り組みを推進する。

【参照ページ】
(原文)AtmosZero Closes $21 Million in Series A
(日本語参考訳)産業用脱炭素スタートアップAtmosZero、炭素排出ゼロの蒸気ソリューションで30億円を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る