Barclays、エネルギー企業の脱炭素化支援に資本とリソースを集中

バークレイズ、エネルギー企業のカーボンニュートラル化への取り組みを強化

2月9日、英国の金融大手であるBarclaysは、エネルギー関連ファイナンス方針である「気候変動ステートメント」を改訂し、石油・ガスの上流プロジェクトに対するファイナンスを禁止したことを発表した。

今回の改訂の主な内容は以下の通りである。

  1. 2021年12月31日以降に最終投資決定された石油・ガス上流の拡張プロジェクトや関連インフラへのファイナンスを禁止。
  2. 2021年12月31日以降に最終投資決定された石油・ガス上流の拡張を行うエネルギーグループへの新規ファイナンスの制限。
  3. 2021年12月31日以降に最終投資決定された長期の拡張を行う非多角化エネルギーグループへのファイナンスの制限。
  4. アマゾン熱帯雨林破壊や、超重質油を含む非在来型石油・ガスへの追加的な制限。
  5. エネルギーグループに対する2030年のメタン削減目標や、2030年までに全ての定常的・非本質的なガス排出とガスフレアリングの終了へのコミットメント、2026年1月までにスコープ1とスコープ2でのカーボンニュートラル目標の設定の義務化。
  6. エネルギーグループに対する2025年1月までの移行計画(トランジションプラン)またはカーボンニュートラル戦略策定の期待。

「エネルギーグループ」とは、石油・ガス事業が売上全体の20%以上を占める企業を指し、「非多角化エネルギーグループ」は、石油・ガス事業が売上のほぼ全てを占める非国有エネルギー企業を指す。

本方針に基づき、Barclaysはエネルギーグループに対して事前評価を行い、短期削減目標がパリ協定と整合しない企業や2030年までのメタン排出削減目標が設定されていない企業に対しては、2026年以降のファイナンスを禁止する。また、石油・ガス設備投資計画総額の10%以上が拡張プロジェクトであるエネルギーグループに関しては、2024年2月9日以降、ファイナンスを禁止する。

【参照ページ】
(原文)Barclays focuses capital and resources on supporting energy companies to decarbonise
(日本語参考訳)Barclays、エネルギー企業の脱炭素化支援に資本とリソースを集中

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る