Mirova、エネルギー転換基金に約2,270億円を調達

Mirova、エネルギー転換基金に約2,270億円を調達

9月20日、サステナビリティに特化した投資運用会社Mirovaは、再生可能エネルギーと低炭素モビリティ分野に特化した、Mirovaの5番目の、そして圧倒的に大きなエネルギー転換インフラ株式ファンド「Mirova・エネルギー転換5(MET 5)」向けに16億ユーロ(約2,270億円)を調達したと発表した。

Mirovaは2021年2月にファンドを立ち上げ、当初10億ユーロ(約1,400億円)以上の資金調達を希望していた。 今回の発表は、1年半に及ぶ資金調達の締めくくりとなる。

本ファンドは、陸上風力・太陽光発電・水力発電・バイオガス・洋上風力発電所など、現在および新興のクリーンエネルギー技術や、電気自動車や水素の成長を支援する低炭素モビリティ分野に投資している。現在までに、フランス、ポーランド、ベルギーで6億ユーロ(約850億円)を投融資している。

本ファンドの特徴の一つは、これまでのエネルギー転換ファンドと比較して、地理的な分散が加わっていることで、ファンド資産の最大10%を欧州以外の地域で投資できるようになった。

【参照ページ】
(原文)Mirova completes record fundraising for its fifth energy transition infrastructure fund
(日本語訳)ミロバ、5番目のエネルギー転換インフラファンドで記録的な資金調達を完了

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る