Mirova、エネルギー転換基金に約2,270億円を調達

Mirova、エネルギー転換基金に約2,270億円を調達

9月20日、サステナビリティに特化した投資運用会社Mirovaは、再生可能エネルギーと低炭素モビリティ分野に特化した、Mirovaの5番目の、そして圧倒的に大きなエネルギー転換インフラ株式ファンド「Mirova・エネルギー転換5(MET 5)」向けに16億ユーロ(約2,270億円)を調達したと発表した。

Mirovaは2021年2月にファンドを立ち上げ、当初10億ユーロ(約1,400億円)以上の資金調達を希望していた。 今回の発表は、1年半に及ぶ資金調達の締めくくりとなる。

本ファンドは、陸上風力・太陽光発電・水力発電・バイオガス・洋上風力発電所など、現在および新興のクリーンエネルギー技術や、電気自動車や水素の成長を支援する低炭素モビリティ分野に投資している。現在までに、フランス、ポーランド、ベルギーで6億ユーロ(約850億円)を投融資している。

本ファンドの特徴の一つは、これまでのエネルギー転換ファンドと比較して、地理的な分散が加わっていることで、ファンド資産の最大10%を欧州以外の地域で投資できるようになった。

【参照ページ】
(原文)Mirova completes record fundraising for its fifth energy transition infrastructure fund
(日本語訳)ミロバ、5番目のエネルギー転換インフラファンドで記録的な資金調達を完了

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る