インド、産業用クリーンエネルギー導入を加速する法案を可決。炭素クレジットの輸出を禁止

インド、産業用クリーンエネルギー導入を加速する法案を可決、炭素クレジットの輸出を禁止

8月8日、インド国会は、エネルギー保全修正法案2022を可決し、産業、輸送、建物において、化石由来のエネルギーからクリーンで再生可能なエネルギーへの移行を規制・義務付けるための政府による一連の動きを可能にした。また、同法案により、インドに炭素市場を創設し、産業間の炭素・環境クレジットの取引を一元化することが可能になった。

インドのR.K.Singh電力と新・再生可能エネルギー大臣は、法案の審議中に国会で、グリーン製品に対する世界市場の要求が、産業界がよりクリーンなエネルギー源に移行する原動力になっていると指摘し、EUによる、生産過程においてEU気候基準に満たない輸入製品に対して炭素税を適用するという発表に言及した。

大臣はまた、本法案が、エネルギーの純輸入国から純輸出国への移行という国の目標を前進させ、グリーン水素やアンモニアなどの新しいエネルギー源の開発を支援すると述べている。今年初め、電力省は、2030年までに国内のグリーン水素の生産量を500万トンに引き上げることを目的とした一連の取り組みを開始した。

【関連記事】インド、2030年までに500万トンのグリーン水素を製造する政策目標を発表

本法案の主な特徴として、鉱業・鉄鋼・セメント・繊維・化学・石油化学などの産業、鉄道などの運輸部門、商業ビルなどの組織に対して、 中央政府が非化石資源からのエネルギー消費の最低割合を設定可能になる条項が含まれている。また、本法案は、政府がエネルギー効率、省エネルギー、再生可能エネルギーの使用を含む建築物の要件を設定可能にし、法律の適用範囲を大規模な住宅に拡大するものである。

法案はまた、中央政府または認可された機関が炭素クレジット証書を発行し、事業者はエネルギー効率またはクリーンエネルギーの最低基準値を超えた場合にクレジットを販売したり、まだ達成していない要件をカバーするためにクレジットを購入したりする、国内の炭素市場の設立を可能にする。これは、インドの現在のエネルギー効率と再生可能エネルギーのオフセット制度を事実上統合し、一元化するものだ。           

大臣は、インドが2030年の気候変動に関する国家決定寄与度(NDC)の公約を達成するまで、炭素クレジットの輸出は許可されないと述べた。NDCには、排出強度を45%削減し、非化石燃料による電力を約50%に移行する目標が含まれている。

【関連記事】インド、2030年までにCO2排出量を45%削減することを約束

【参照ページ】
(原文)The Energy Conservation (Amendment) Bill, 2022
(日本語訳)2022年エネルギー保全(改正)法案

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る