カリフォルニア州、洋上風力を25GWに増強し、2,500万世帯分の電力を供給する目標を設定

カリフォルニア州、洋上風力を25GWに増強し、2,500万世帯分の電力を供給する目標を設定

8月10日、カリフォルニア州エネルギー委員会(CEC)は、洋上風力発電の導入により再生可能エネルギー容量を飛躍的に拡大する一連の目標を発表した。新しい目標には、2030年までに2〜5GW、2045年までに25GWの洋上風力発電を達成することが含まれている。この長期目標を達成すれば、今世紀半ばまでに2,500万世帯分の再生可能エネルギーによる電力が供給されるという。

新しい目標は、「信頼性、料金支払者、雇用、脱炭素化の利益を達成するために、洋上風力の実現可能な最大容量を評価・定量化し、2030年と2045年の洋上風力計画目標を定める」という州の指令に応え、CECの報告書に採択された。同イニシアティブは、2045年までに電力システムを100%再生可能エネルギーおよびゼロ炭素エネルギーに移行するというカリフォルニア州の政策の一環だ。

CECによると、国内有数の洋上風力資源を持つカリフォルニア州は、カーボンニュートラルと100%クリーンな電力を実現する可能性を秘めている。洋上風力は夜間に不可欠な再生可能エネルギー源であり、昼間の太陽光発電を補完するものである。

報告書発表後のCECの次のステップとして、洋上風力発電の経済効果と港湾投資および労働力開発ニーズとの関連性の調査、洋上風力発電施設および関連する電力・送電インフラの許可プロセスを開発するためのロードマップ作成が挙げられている。計画全体は、来年6月までに議会に提出される予定だ。

【参照ページ】
(原文)CEC Adopts Historic California Offshore Wind Goals, Enough to Power Upwards of 25 Million Homes

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る