カリフォルニア州、洋上風力を25GWに増強し、2,500万世帯分の電力を供給する目標を設定

カリフォルニア州、洋上風力を25GWに増強し、2,500万世帯分の電力を供給する目標を設定

8月10日、カリフォルニア州エネルギー委員会(CEC)は、洋上風力発電の導入により再生可能エネルギー容量を飛躍的に拡大する一連の目標を発表した。新しい目標には、2030年までに2〜5GW、2045年までに25GWの洋上風力発電を達成することが含まれている。この長期目標を達成すれば、今世紀半ばまでに2,500万世帯分の再生可能エネルギーによる電力が供給されるという。

新しい目標は、「信頼性、料金支払者、雇用、脱炭素化の利益を達成するために、洋上風力の実現可能な最大容量を評価・定量化し、2030年と2045年の洋上風力計画目標を定める」という州の指令に応え、CECの報告書に採択された。同イニシアティブは、2045年までに電力システムを100%再生可能エネルギーおよびゼロ炭素エネルギーに移行するというカリフォルニア州の政策の一環だ。

CECによると、国内有数の洋上風力資源を持つカリフォルニア州は、カーボンニュートラルと100%クリーンな電力を実現する可能性を秘めている。洋上風力は夜間に不可欠な再生可能エネルギー源であり、昼間の太陽光発電を補完するものである。

報告書発表後のCECの次のステップとして、洋上風力発電の経済効果と港湾投資および労働力開発ニーズとの関連性の調査、洋上風力発電施設および関連する電力・送電インフラの許可プロセスを開発するためのロードマップ作成が挙げられている。計画全体は、来年6月までに議会に提出される予定だ。

【参照ページ】
(原文)CEC Adopts Historic California Offshore Wind Goals, Enough to Power Upwards of 25 Million Homes

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る