Macquarie、カーボン・オフセット・コンサルティング会社EP Carbonに出資

 

10月6日、Macquarieグループのコモディティー・アンド・グローバルマーケッツ部門は、カーボンオフセットプロジェクトに特化したコンサルタント会社であるEcological Carbon Offset Partners (EP Carbon)への投資を発表した。本投資では、EP Carbonの事業拡大とMacquarieのボランタリーカーボンオフセットビジネスの推進する。

本投資は、温室効果ガスの排出を抑制するカーボンオフセットプロジェクトや関連クレジットに対する需要が、今後数年間で大幅に増加すると予想されることを受けたもので、企業や事業者がネット・ゼロを目指し、自らの絶対的排出量削減努力への橋渡しとして、あるいは排出回避が困難な排出量のバランスを取るためにオフセットに注目するようになってきている。

2010年に設立されたEP Carbonは、自然をベースとしたカーボンオフセットプロジェクトを成功させるために顧客と協力し、保全、再生、アグロフォレストリープロジェクトの範囲決定、立ち上げ、運営に必要な民間資本へのアクセスを促進する支援を行っている。EP Carbonは、地理空間分析、複雑な炭素会計、プロジェクト実施のためのキャパシティ・ビルディングなどの技術面を専門としている。

両社によると、本投資で得た資金は、EP Carbonの技術群のさらなる開発、炭素技術専門家の雇用と育成、新しい「トール」サービスプランの資金に充てられる予定だ。

【参照ページ】
(原文)Macquarie’s Global Carbon invests in carbon offsets projects consultancy EP Carbon
(日本語訳)Macquarie、カーボン・オフセット・コンサルティング会社EP Carbonに出資

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る