ルイジアナ州、BlackRockへの約1,150億円の投資を清算。 ESG投資に回る資金を保護

ルイジアナ州、BlackRockから約1,150億円を売却 ESG投資からの資金を保護

10月6日、ルイジアナ州財務長官John Schroder氏が発表した投資顧問への書簡によると、ルイジアナ州は「ESGから」州財務省の資金を「守る」ために、BlackRockへの投資、総額7億9400万ドル(約1,154億円)を清算する予定であると述べた。

この動きは、米国で共和党の政治家による反ESGの動きが活発化していることを示すもので、最近では、フロリダ州が2,280億ドルの年金基金に対して、運用会社がESGを考慮することを認めないという決議を採択し、テキサス州はBlackRock、Credit Suisse、UBS、その他数社を含む運用会社のリストを公表し、経済制裁の可能性を示唆した。

【参考記事】テキサス州、BlackRockやCredit Suisse、UBSなどESG投資推進の金融機関を経済制裁へ

9月、BlackRockはこれらの主張に対し、渉外部長のDalia Blassが書簡で反論し、同社について提起された「誤解」と、ESGイニシアティブに参加する投資家の動機に関する書簡中の「いくつかの不正確な記述」と呼ばれるものを打ち消した。書簡では、BlackRockが気候変動に焦点を当てることは、「顧客の投資に影響を与える可能性のある世界経済の短期的・長期的な動向を見極める」という受託者責任に完全に合致しており、その取り組みが、企業に開示の改善を求めることに焦点を置いており、排出目標の指示やロビー活動には焦点を当てていないことが強調されている。また、BlackRockは、全世界のエネルギー企業に数千億ドルの投資を行っていると指摘している。

書簡によると、国庫はすでに5億6000万ドル(約814億円)を売却しており、残りは時間をかけて清算する計画だという。

【参照ページ】
(参考記事)Louisiana to remove $794 mln from BlackRock funds over ESG drive

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る