建築資材メーカーCEMEX、サステナブル航空燃料の開発開始。セメント生産で回収したCO2を利用

建築資材メーカーCEMEX、サステナブル航空燃料の開発開始。セメント生産で回収したCO2を利用。

4月18日、世界的な建設・建築資材メーカーであるCEMEX、エネルギー企業Sasolのサステナブル燃料・化学品部門であるSasol ecoFT、再生可能エネルギー企業のENERTRAGは、セメント生産で回収したCO2を利用してサステナブル航空燃料(SAF)を生成するプロジェクトの提携を発表した。

セメント生産は、世界の二酸化炭素排出量の約8%を占め、原料1,000kgごとに900kg以上の二酸化炭素を排出する。 本プロジェクトにより、大量の温室効果ガスを排出し、かつ最も削減が困難な産業の脱炭素化が期待できる。

本プロジェクト「Concrete Chemicals」は、CO2と炭素を結合してSAFを製造する。ENERTRAGは、プロジェクトに風力発電と太陽光発電による水素を供給し、CEMEXは、 ドイツにあるリューダードルフ・セメント工場からCO2を供給する。プロジェクトの初期段階においては、毎日100トンのCO2を供給する予定。Sasol ecoFTは、ジェット燃料の50%まで混合可能なe-ケロシンの製造技術を提供する。

【参照ページ】
(原文)CEMEX to turn CO2 into sustainable aviation fuel
(日本語訳)CEMEX、CO2をサステナブル航空燃料に転換

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る