建築資材メーカーCEMEX、サステナブル航空燃料の開発開始。セメント生産で回収したCO2を利用

建築資材メーカーCEMEX、サステナブル航空燃料の開発開始。セメント生産で回収したCO2を利用。

4月18日、世界的な建設・建築資材メーカーであるCEMEX、エネルギー企業Sasolのサステナブル燃料・化学品部門であるSasol ecoFT、再生可能エネルギー企業のENERTRAGは、セメント生産で回収したCO2を利用してサステナブル航空燃料(SAF)を生成するプロジェクトの提携を発表した。

セメント生産は、世界の二酸化炭素排出量の約8%を占め、原料1,000kgごとに900kg以上の二酸化炭素を排出する。 本プロジェクトにより、大量の温室効果ガスを排出し、かつ最も削減が困難な産業の脱炭素化が期待できる。

本プロジェクト「Concrete Chemicals」は、CO2と炭素を結合してSAFを製造する。ENERTRAGは、プロジェクトに風力発電と太陽光発電による水素を供給し、CEMEXは、 ドイツにあるリューダードルフ・セメント工場からCO2を供給する。プロジェクトの初期段階においては、毎日100トンのCO2を供給する予定。Sasol ecoFTは、ジェット燃料の50%まで混合可能なe-ケロシンの製造技術を提供する。

【参照ページ】
(原文)CEMEX to turn CO2 into sustainable aviation fuel
(日本語訳)CEMEX、CO2をサステナブル航空燃料に転換

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る