欧州委員会、ESRSを採択 ISSB基準との情報開示における整合性も確認

7月31日、欧州委員会は、2024年に発効する欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)を公表した。

本発行に合わせて、欧州委員会、EUの金融報告フレームワーク検討機関European Financial Reporting Advisory Group(EFRAG)、国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、ESRSとISSB基準との整合性と相互運用性に関する議論の最新情報を提供している。

ESRSとISSB基準は、投資家の視点を超えた影響度に関する重要性や、ESGに関する様々な事項について、 別々の基準でカバーされているという相違点がある。欧州委員会、EFRAG、ISSBは、重複する気候変動開示基準における、各国の気候変動開示要求事項の相互運用性を向上させるため、共同で取り組んできた。 

ESRSとISSB基準の両方を適用する企業を支援するため、欧州委員会は、EFRAG及びISSBとともに、企業による基準間のナビゲーションを支援し、一方の基準のみが要求する増分開示が存在することを理解するための相互運用性ガイダンス資料の作成に取り組む。

欧州委員会は、EFRAG及びISSBとともに、それぞれの基準の相互運用性を最適化するために、引き続き共同で取り組んでいく。両基準間のナビゲーションを支援するガイダンス資料の公表に加え、共同作業は、相互運用性をさらに促進する手段として、開示のデジタルタグ付けに焦点を当てる。

【参照ページ】
(原文)European Commission, EFRAG and ISSB confirm high degree of climate-disclosure alignment
(日本語訳)欧州委員会、ESRSを採択、ISSB基準との情報開示における整合性も確認

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る