FintechのBroadridge、企業のESGスコアを追跡・改善するためのESGダッシュボードを発表

FintechのBroadridge、企業のESGスコアを追跡・改善するためのESGダッシュボードを発表

Fintech企業であるブロードリッジは、企業が自社のESG評価やランキングを追跡、理解、改善することを目的とした新しいツール「ブロードリッジESGパフォーマンス・ダッシュボード」を発表した。

このダッシュボードは、ESGのレーティング報告書に似ていると同社は説明している。誰が自社を評価しているかという情報、評価を同業他社や業界全体と比較し、改善すべき分野を特定することで、企業に実用的な洞察力を提供する。

ダッシュボードは、何百もの情報源に基づいたESG評価とランキングを1つの合理的なコンセンサスビューとして提供し、企業が環境、コミュニティ、従業員、ガバナンスの問題を含む様々な分野で改善すべき点をピンポイントで把握することを可能にする。

ブロードリッジでは、無料で総合スコアを提供しているが、より詳細なサービスも提供しており、オフラインでの分析やレポート作成のために、最大5年間の履歴のエクスポートやサブカテゴリーのトレンドの追跡が可能だ。

ブロードリッジ・コーポレート・イシュアー・ソリューションズのドロシー・フリン社長は次のように述べている。

「ブロードリッジESGダッシュボードは、企業がノイズを減らし、重要な問題やデータに集中することで、自社の置かれている状況をよりよく理解し、努力をより集中させることを可能にします。資産運用会社がESG問題にますます注目している中、企業は散乱した情報を見分けることができる簡単なツールを必要としています。」

【参照ページ】
(原文)New Broadridge ESG Dashboard Enables Companies to Make Better Sense of ESG Ratings
(日本語訳)FintechのBroadridge、企業のESG評価を追跡・改善するためのESGダッシュボードを発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る