総合エネルギー企業ExxonMobil 、Aera Energy合弁会社の株式売却を決定

ExxonMobil 、Aera Energy合弁会社の株式売却を決定

9月1日、総合エネルギー企業ExxonMobilの関連会社は、ExxonMobilが保有するカリフォルニア州のアエラ油田生産事業の全権益をエネルギー資産投資会社IKAVの子会社であるGreen Gate Resources E, LLCに売却する契約を締結したと発表した。

本取引は、 Mobil California Exploration & Producing Companyの株式譲渡を伴うものだ。また、ExxonMobil の関連会社は、関連する積荷施設及びパイプラインシステムの売却に関する契約を別途締結している。

Mobil California Exploration & Producing Companyは、Aera Energy LLCの48.2%の株式と、Shellとの合弁会社であるAera Energy Services Companyの50%の株式を保有している。1997年6月に設立され、陸上8鉱区で操業している。2021年、Aera Energyは日量約95,000原油換算バレルを生産した。

今回の売却は、ExxonMobil がカリフォルニア州で展開する約500の独立系小売店のブランド・ネットワークには影響しない。本取引は、規制当局の承認を得た上で、2022年第4四半期に完了する予定だ。

【参照ページ】
(原文)ExxonMobil to sell its share of Aera Energy joint venture
(日本語訳)ExxonMobil が Aera Energy 合弁会社の株式を売却へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る